葡萄&ロシアンブルーちゃん達

先日お散歩中に車庫の屋根を上手に
利用して葡萄を作っているお宅を発見。

ベリーAとデラウェアが見事に鈴なり。

こんな所でちゃんと出来るんですね!
大変甘い低農薬の葡萄ができるそうです。

こちらのお宅、ロシアンブルーを2匹飼われています。
キキちゃんとネネちゃん♡

毎朝リードをつけて外に出してもらい、お散歩もするそうです。

撫でさせて頂くと、ビロードの様な滑らかな手触りでした。

猫や犬が大好きな雑草を栽培されていて
分けてくださいました。

愛ちゃんも美味しそうにムシャムシャ食べて、
お腹の調子も良かったです。




line

メダカさんのその後。

メダカ釣りで頂いた玄関にいたメダカ達。

最初からフラフラだった子は翌日亡くなりましたが
何がいけないのか、少しずつ減ってしまいました。

昨日は白くてキラキラの大好きなミユキちゃんが3匹も
亡くなってしまいショック(>_<)

最初は9匹でしたが、とうとう3匹になってしまいました。

外の鉢の子は1匹だけ亡くなりましたが、皆元気。
日光浴が必要なのかなぁ・・・。

一昨日、ホテイアオイに卵がついているを見つけ、
隔離していたら昨日赤ちゃんが産まれていました!

無事に大きくなると良いなぁ♡
散りゆく命と芽生える命。命の循環。

とりあえず玄関に置くのは辞めることにしました。
以前にも全滅したし、何か環境が合わないのでしょう。

北側だからかなぁ。水は替えてるんだけどなぁ。
メダカは替えすぎると良くないとも聞いたけれど。

水替え、餌やり、最適なメンテナンスをしてあげたいけど
なかなか難しいものです。

でも同じ様に育てていてるグッピーやコッピー、海老、
ベランダのメダカは元気です!

line

東京より義姉一家が帰省

お盆休みに東京から夫の姉一家が帰省しました。

愛(あい)ちゃんは何度か会って可愛がってもらいましたが、
愛(ラブ)ちゃんは初対面。

初対面の時には結構吠えました。

沢山の人にビックリしたのかな?
夜は夫の実家で鉄板焼きパーティー🎉

でも2度目に会うと吠えなくなっていました。
すぐに慣れてくれました。

義姉一家は、みんな犬が大好き。

愛ちゃんの少し後に、最愛のパートナーだったダックスの
ハッピー君を14歳で見送ったばかり。

みんなとっても可愛がってくれました。

また会える日を楽しみにしています♡

温泉やパスタフローラでのモーニングやアジア雑貨へ
姪っ子達と一緒に行きました。

娘がいるって良いなぁ、息子しかいない私。
ショッピングやモーニングが姪っ子とできて幸せでした。

イオンへも行ってきました。凄い人でした。

近くに住んでたらもっと頻繁に会えるのにね。



line

花火大会

季節外れの10月の花火大会。愛ちゃんが天に召された日。
あの日以来、花火大会はちょっとしたトラウマ行事。

それでも愛(ラブ)ちゃんと一緒に花火を観たくて、
8月5日の花火大会の日は、マンションの最上階から
花火を鑑賞しました。

普段は締めている屋上に続く扉も開放され、
マンションの住人が賑やかに集まっていました。

小さい子もいらっしゃるから柵のない屋上は閉鎖だけど、
階段までは開放。
私も初めてそこまで上がりました。

でも愛ちゃんが吠えてもいけないし、
一つ下の階段に座って見ました。

次々と打ち上がる花火。小さいけれど、まぁまぁ見えるんです。

今年は短時間で5000発を打ち上げたらしく、
大変素晴らしく好評だったそうですね。

花火でも命でもパッと咲かせて潔く散るから美しい。
間延びした花火は印象がイマイチになります。

愛ちゃんはなんのこっちゃという様子でした。
大体見えてたのかしら(笑)

だけど途中から夫が仕事を終えてビール片手に
来てくれた時には大はしゃぎでした。

2人と1匹で綺麗な花火を見れて、しみじみと幸せを
感じた私でした。(*˘︶˘*).。.:*♡

花火に罪は無いからまた機会があれば楽しみたいです♡
line

ダブル愛ちゃん♡♡

愛ちゃんを見送ってから、自分を責めないように
なるべく笑うように勤め、躁状態を保っていた私。

死は終わりではないと感じていても、会いたい時は
会いたいし、悲しい時、寂しい時もあります。

でも今は天真爛漫な愛(ラブ)ちゃんのお陰で随分癒されました。

犬を飼い、犬と暮らした人はよく分かっていると
思いますが、犬は最高のパートナー。

ある時はベイビー、そして子供、伴侶、友達、恋人、師匠
色々な役割を担ってくれる大切な家族。

それでも人間の七倍速で歳をとり、犬生を駆け抜けてしまう。
不慮の事故や病気を含めて別れは意外と早いものです。

だから覚悟が必要。自分の一部を失うような喪失感。
時には罪悪感や後悔に押しつぶされそうになることも。

だけど、犬と1度暮らしたら、その真っ直ぐな愛を注がれたら
犬がいない寂しさは犬でないと埋まらないと思います。

愛(ラブ)ちゃんをお迎えするのを正直ためらわなかった
わけではありません。別れが辛すぎるし。

でも、今心から我が家に来てくれたことに感謝しています。

そして愛(あい)ちゃんも結局愛(ラブ)ちゃんと一緒にずっと
近くにいてくれていると感じていています。

次の子をお迎えすることは先の子の供養になるというのは
一理あると思っています。

愛(ラブ)ちゃんを撫でる時、私もとばかり重なるように
寄り添っていたり、どこに行くにも私も私もとついて
来てくれているんじゃないかなと幸せな妄想しています。

だから我が家にはダブル愛ちゃんがいます♡♡

これからもずっと愛ちゃん達と思い切り愛し合いたいと思います。

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

愛ママ

Author:愛ママ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line